日本人

むねやけが主訴の逆流性食道炎は、食事の欧米化や喫煙する事・アルコールを毎晩飲む事・脂肪過多などの生活習慣が乱れたこと、ストレスなどに縁り、殊に日本人に多く発病している病気だということができます。
悪性の腫瘍である卵巣がんは、普通ならば人体をがんから保護する役割を持つ物質を作出するための型ともいえる遺伝子の異常が引き金となって起こってしまう病気だと言われています。
ストレスがかかり、溜まるという経緯や、簡単なストレスのケア方法など、ストレス関連の正しい知識を保持している方は、さほど多くはありません。
虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科的な措置では大体「大動脈バルーンパンピング法(IABP法)」もしくは「冠動脈(かんどうみゃく)大動脈バイパス移植術(CABG)」の二つの異なる治療法が活発に使われています。
強い痛みを伴うヘルニアは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨と背骨の間でクッションに近い役割を持っている椎間板(ついかんばん)という円形の線維軟骨が突出してしまった症例のことを指します。
突然発症する急性腸炎は、大多数が腹痛・吐き気・腹下しを伴う程度で治まりますが、バイ菌の感染による急性腸炎の場合はものすごい腹痛・ずっと続く吐き気・繰り返す嘔吐・下痢に加えて38度台の高熱も出るのが特徴だといえます。
亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA)やタンパク質の合成に関わる特別な酵素や、細胞・組織などの代謝機能に必要な酵素など、約200種類以上の酵素を構成する成分として非常に大切なミネラル分です。
もし婦人科の血液検査で実際に卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が基準値を下回っており早発閉経(Premature Ovarian Failure)だと分かった場合、足りていない女性ホルモンを足す医術で治すことができます。
H17年2月から新しく特保(特定保健用食品)のパッケージにおいて「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった日本語の表示が義務となっている。
今時のオペ室には、レストルームや専用の器械室、手術準備室を備え付け、オペ中に患者を撮影できるX線装置を置くか、側にレントゲン撮影のための専門室を備えるのが慣例となっている。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓(すいぞう)に在るインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由で壊されてしまうことによって、結果的に膵臓からはほとんどインスリンが出なくなることによって発病してしまう自己免疫性の糖尿病です。
下腹部の強い痛みの元凶となる疾患には、大腸に憩室が多発する大腸憩室症、尿路の結晶が詰まったりする尿路結石症、炎症性腸疾患のひとつである潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症が起こる急性腹膜炎、子宮の病気などの病名が挙がるようです。
「肝機能の低下」については、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)等3種類の値で確認することができますが、ここ数年で肝臓の機能が低下している日本人が徐々に増加しているということが分かっています。
環状紅斑というものは輪状、すなわち円い形状の赤い色の湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふ疾患の総合的な名前であり、その原因は全くもっていろいろだといえるでしょう。
ポリフェノールで最も有名な特長はL-アスコルビン酸や脂溶性のトコフェロールなどとは異なっていて、細胞の間の水溶性部分や脂溶性の部分、更には細胞膜でも抗酸化作用を発揮するのです。