規則

暴飲暴食、体重過量、喫煙、運動不足、遺伝、心身両面のストレス、高齢化といった様々な素因が組み合わさると、インスリンの分泌量が減少したり、働きが鈍化したりして2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病します。
毎日の規則正しい、穏やかな日常生活の維持、腹八分目の実践、軽い体操など、古典的とも思える体に対する気配りがお肌の老化防止にも活用されるのです。
子どもの耳管の作りは、大人のそれと比較すると太くて長さがなく、且つ水平に近いため、様々な菌が潜り込みやすくなっています。大人よりも子どもの方が急性中耳炎にかかりやすいのは、この事が関係しています。
1回永久歯の表面を覆っている骨を脆くさせるほど拡がってしまった歯周病は、残念ながら炎症自体が治まることはあっても、失った骨が元の量に再建されるようなことはないと言われているのが現状です。
自転車の転倒事故や高所からの転落事故など、著しく強い外力が体にかかった場合は、複数の個所に骨折がもたらされてしまったり、複雑骨折となったり、酷い場合は内臓破裂することも考えられます。
必要な栄養素を万遍なく含んだ食生活や運動は言わずもがな、健康増進やビューティーアップを目的とし、食事以外に色々な成分のサプリメントを飲用する事が珍しくなくなったそうです。
ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を有している精液、血液を始め、女性の腟分泌液、母乳などの様々な体液が、乳飲み子や交渉相手などの粘膜や傷口等に触れると、HIV感染のリスクが大きくなります。
亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA)やタンパク質の合成に作用する酵素や、細胞・組織の入れ替わりに深く関わっている酵素など、約200種類以上ある酵素の構築要素となるミネラルなのです。
ジェネリックという医薬品は新薬の特許が無効になってしまった後に発売され、新薬と同一の成分で金銭的な負荷が少なくて済む(金額が少額の)後発医薬品そのものです。
人間の耳の内部構造は、外側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳」「内耳」の3か所に分けられますが、この中耳の近くに黴菌やウィルスが付いて炎症が起こったり、液体が滞留する症状が中耳炎なのです。
UV-B波は、UV-A波に比べると波長が短いという性質があるのでオゾン層でその一部が吸収されるものの、地表に達したUV-B波は皮ふの表皮の内部で細胞の遺伝情報(Deoxyribo Nucleic Acid)を壊したりして、皮ふに悪い影響を与えます。
抗酸菌の結核菌は、菌を保有している人が「咳」をすることによって室内に散布され、空気中でフワフワと移動しているのを他の誰かが吸い込むことで次々に感染していきます。
気分障害のうつ病では副交感神経が優位になると脳で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が足りず、気分の落ち込み、不眠、著しい疲労感、食欲不振、体重の減少、強い焦り、意欲の低下、希死念慮、そして重症化すると自殺企図等の危険な症状が見られます。
うす暗い場所だと光不足により物が見づらくなりますが、更に瞳孔が開いてしまうため、眼球の水晶体のピントを合わせるのに余計なエネルギーが使用されてしまい、結果的に明るい場所で物を眺めるよりも疲れやすくなるといえます。
グラスファイバーで製造されたギプスは、丈夫で軽いのにとても長持ちし、シャワーなどで濡らしても破損しないという長所があるので、現在用いられているギプスの王道と言っても過言ではありません。