発症

突然発症する急性腸炎は、ほとんどの場合腹痛・嘔吐・腹下しの症状が出る程度で治まりますが、細菌感染によるものの場合は壮絶な腹痛・ずっと続く吐き気・繰り返す嘔吐・水下痢とともに38℃以上の高熱が出るのが見分けるポイントだといえます。
植物栄養素とも言われるフィトケミカルの一つであるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる揮発性の有機硫黄化合物について、肝臓に存在する解毒酵素の正常な創造を促しているかもしれないという事が明らかになりました。
ハーバード・メディカルスクール(HMS)の研究によると、一般的なコーヒーと比較して1日2カップ以上デカフェのコーヒーを代用すれば、直腸ガン発症する確率を半分以上減らせたらしい。
内臓脂肪の多い肥満があった上で、油脂の摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分摂取などが関係している「高血圧」、高血糖のうち2項目か3項目全てに該当する状態のことを、メタボリック症候群と呼びます。
不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、病気ではなくても症状が出現することがあるためさほど深刻な心臓病ではありませんが、発作が数回絶え間なく起こる時は危険です。
下腹部の激痛をもたらす病には、盲腸と混同しやすい大腸憩室症、腎などに石ができる尿路結石症、特定疾患に指定されている潰瘍性大腸炎、重篤な症状を示す急性腹膜炎、女性性器の疾患等の病名がみられます。
AED(Automated External Defibrillator)とは医療資格のない普通の人にも使用する事のできる医療機器で、機器から流れる音声ガイダンスの手順に沿ってケアすることで、心臓が小刻みに振動する心室細動に対する治療の効き目を発揮してくれます。
ヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨と背骨の間にあってクッションに近い役割を担っている椎間板(ツイカンバン)という名前の柔らかい線維軟骨がはみ出た症状のことを称しているのです。
肝臓を健康な状態に維持するには、肝臓の毒素を分解する力が低下しないようにする、要するに肝臓のアンチエイジング術を迅速に実行することが効果的だと思われます。
毎年違うタイプが流行する季節性インフルエンザワクチンでは、膨大な研究の結果、注射の予防効果が見通せるのは、注射のおよそ14日後からおよそ5カ月間ほどだろうということが判明しています。
ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許切れの後に市場に出回る、まったく同じ成分で経済的な負荷を抑制できる(クスリ代の高価ではない)後発医薬品のことをいいます。
基礎代謝というのは人間が何もしていなくても使ってしまうエネルギーのことで、その5割以上を体中の骨格筋・内臓の中で一番大きな肝臓・頭部の脳の3種類で消費すると言われているようです。
春に患者が増える花粉症とは、森林のスギやヒノキ、マツ、ヨモギなどの大量に飛散する花粉がアレルゲンとなって、くしゃみ・目のかゆみ・鼻詰まり・鼻水などの不快なアレルギー症状を招く病気として広く認識されています。
過食、太り過ぎ、喫煙、運動不足、遺伝、不規則な生活、心身のストレス、高齢化といった様々な誘因が混ざると、インスリンの分泌量が低下したり、機能が低下したりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症するといわれています。
花粉症の緒症状(水っ洟、鼻詰まり、クシャミなど)のために夜よく睡眠を取れないと、それが引き金となって慢性的な睡眠不足となり、翌朝起きてからの行動に良くないダメージを与えることもあるのです。