調査の結果

子どもの耳管の作りは、大人に比べて太い上に長さがなく、加えてほぼ水平になっているため、バイ菌が侵入しやすくなっているのです。子どもが急性中耳炎に罹患しやすいのは、このためだと言われています。
チェルノブイリ原子力発電所事故の後追い調査の結果によると、大人と比較して若い子供のほうが風に流されてきた放射能の深刻なダメージをよく受容することが理解できます。
「肝機能の悪化」については、血液検査項目のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、そしてγ-GTPなど3種類の値によってモニタリングできますが、ここ2、3年肝機能が落ちている日本人の数が微増していると報じられています。
よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周りを取り囲んでいる冠動脈の動脈硬化により血管の内腔の幅が細くなり、血液の流れが止まり、栄養や酸素を心筋に届けられず、ほとんどの筋繊維が機能しなくなる大変重い病気です。
欧米においては、新しい薬の特許が満了した4週間後には、市場の約8割がジェネリック(ジェネリック医薬品)に切り替わるような医薬品もある位、ジェネリック医薬品(Generic drug、後発医薬品)は世界で採用されています。
呼吸器感染症の季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、現在までの膨大な研究結果として、注射の予防効果を見通せるのは、ワクチンを注射したおよそ14日後からおよそ5カ月間程だろうということが分かっています。
最大の臓器である肝臓に脂肪(脂質)やコレステロールが多く付いた脂肪肝という病気は、糖尿病等々多様な疾病をもたらすかもしれないのです。
食中毒の原因にもなるブドウ球菌(葡萄球菌、staphylococcus)はグラム陽性球菌であり、毒素がきつい黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン)と一方は毒力が低いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)に分けることができます。
PC画面の光のチラつきを低減させる眼鏡が今人気を博している理由は、疲れ目の軽減に多くの方々が惹かれているからだと言えるでしょう。
一旦歯の周りのエナメル質を減らすほど拡大してしまった歯周病は、残念ながら炎症が安定することはあっても、失ったエナメル質が元通りに再建されるようなことはないと言われているのが現状です。
ちょっとした捻挫と自己判断して、冷湿布を貼って包帯やテーピングで固定し、様子を見るよりも、応急処置をした後素早く整形外科で診察してもらうことが、結局は完治への近道だといえるのです。
骨折してたくさん出血した状態だと、血圧が降下して眩暈や冷や汗、胸のムカつき、顔面蒼白、座っていても起こる意識喪失などの不快な脳貧血症状が誘引される場合があります。
「とにかく時間がない」「粘着質ないろんな人間関係がすごく嫌だ」「あらゆる先端技術や情報の高度な進化に追いつけない」など、ストレスを受けやすい場面は一人一人違うようです。
折り目正しい暮らしの継続、腹八分目を忘れないこと、持続可能な運動や体操等、古典的とも思える自分の体への気配りが皮ふの老化防止にも役立つといえます。
鍼を皮膚に刺してもらう、という物的な程よい刺激が、神経細胞を活発にして、神経インパルスと言われるいわば電気信号の化学伝達を誘引するという見方が浸透しています。